【激報】 芸能☆覚え書き

芸能スキャンダル・芸能ネタあれこれ・感想などをつれづれと

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

織田祐二がとうとう干される・・・終了のお知らせ



俺様俳優として、一般的にも有名な織田祐二が
いよいよ完全に干されて終了を迎えそうな様相を呈してきた。


お金がない! DVD-BOX


というのは、
フジテレビの4月から放映予定の新ドラマ「ぴえろ」を
頼み込んで主演を獲ったにもかかわらず、

演出や脚本に口を出した揚句、
急遽、途中降板をしてしまったからだ。


これに対して、フジテレビはカンカン。

「踊る大捜査線」以来、色々ありながらも友好関係で
フジテレビに対しても利益を提供してきた織田祐二だが
今後、完全に干されて表舞台から消える日も近そうなのだ。



人情味があるために失敗ばかりのコソ泥役のはずが、
織田のひと声によって、元刑事の探偵という設定にまで変更、対応してきた
「ぴえろ」制作陣とフジテレビだが、

予算などを考えず要求ばかりで、
最終的な電撃降板という暴挙には、怒り心頭のご様子。

そりゃ、そうだわな。


あわてて古田新太に代役を頼みこんだらしい。
話題性としては十分ですがね。

古田新太のコソ泥役のほうが面白そうですね。



TBSはドラマ制作の予算がないらしく、
一時の「ドラマといえばTBSの時代」なんてことも言われたりもしましたが、
今は違うようですね。

だから、織田もTBSは頼れないらしい。


今、一番ドラマで予算が立てられるのはNHKらしい。


なんか、テレビ業界も良く分からんね。

だって「平清盛」も大コケしたし、
「八重の桜」も今は伸び悩んでいるみたいだけどね。


スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

お名前
email
URL
コメント